鋳狩月草ハウス

3次元に興味がない人=わがまま

time 2014/09/19

※超主観に基づいて書いてます

こんなタイトル付けると「2次元批判か?」と思われそうですが、違います。
自分は2次元大好き男です。

2次元との最初の出会いは15か16歳のときですね。バイトしてたので当時高校生だったのは覚えてます。そのタイトルは「To Heart」
買おうと思ったきっかけはその当時SFCで出ていた「かまいたちの夜」が大変気に入り、当然「もっとやりたい!」と思い、弟切草とプレーし、さらにサウンドのベルにはまり、さらに面白いものを求めて夜光虫とかやってみたんですが、「楽しかった!」と思える作品に出会えず、とにかくその手のゲームを探しているところにどこで知ったかは忘れましたが、ToHeartの存在を知ったわけです。
当時若く性欲をもてあましているところに「シナリオ+エロ」という格好のターゲットが目の前に現れていたわけですから食指が動いたのは自然の流れ。
買うときは18禁なんでちょっとどきどきしましたね。当時はアマゾンとかなかったので、当然店舗での対面販売!会計終えて店を出るまでドッキドキw
んで、これが見事に名作だったわけで、そうなると、かまいたちの夜->弟切草の流れと同じく、同じメーカー(ブランド)から発売されていた作品も気になり、きずあと(変換でねぇw)、雫とプレーし、みごとに2次元の扉を開いたわけです。

その後、KeyのAirあたりまでは2次元にどっぷりだった感じですね。
その後はなんとなく飽きたので、エロゲからは遠ざかり、キャバクラ三昧へと以降したわけですがw

んで、最近ひさびさにエロゲーやってみて思ったんですよねー。
「なんで2次元のキャラにはまったのか?」って。

よく言われてるのが「男(シナリオライター)が作り上げた理想の女性像」だからである、と。
まあそれも一理あるでしょうね。男の考える理想の女性像なんて男が一番の理解者ですから。
少女マンガを女性が書くのも女心の一番の理解者だからでしょう。非常に理にかなってます。
もちろん、すべての男が男性的、女が女性的な考えってわけでもないので、女性が作る男性向けエロゲ、男性が書く少女マンガにも良作はあるでしょう。今回そこは重要ではないのでスルーで。

で、ここからがタイトルに関係してくるわけですが(前置き長すぎ?)
なんで二次元のキャラにはまったのか?
なんで二次元嫁を求める人はわがままなのか?

基本エロゲって自分の分身となる主人公ってモテモテじゃないですか。
ツンデレやらヤンデレやらジャンルが増えようと最終的には愛を向けてくれますよね。
はい、ここ重要です!
少し言い方を変えると

プレー中だけ愛をくれる

ここが非常に大きいのではないかと。
もちろんプレーが終わると、リアルに戻され、モニタのわが嫁とはグッバイなわけですが、わかりきったシナリオでよければまた嫁に愛をもらえますし、新作に手を出せば新たな愛を手に入れられます。
そう、こちらが要求したときだけ愛をくれて、必要ないときは彼女たちは一切こちらにアプローチしてこないわけです!

はい、記事の途中で「キャバクラ三昧になったけど~」って書いたの覚えてますか?
二次元と三次元で別物じゃん!って思うかもしれませんが、キャバクラもようは一緒なんですよ。お金と引き換えに箱の中にいるときだけ恋人気分を味あわせてくれるわけです。
そして当然、箱から出ればエロゲよろしく面倒なフォローなども必要なし!
共通点はあったんですねー。

まあ、キャストさんに入れ込んじゃうタイプの方は必死に同伴メールに応えて、プレゼント買って、と大変みたいですが…
でも、箱に行ったときだけ笑顔をくれればいいよ、ってなると、ほんと楽です。同伴メールなんて放置でOKですし(応じたところで親密になんて無理ですぜ~、送ってる相手は一人じゃないのさ!w)

で、結論はどういうことかというと!

モテナイ自分の原因はなにか!
それは、相手に求めるものが理想なんてレベルの生易しいものじゃなく、

・ほしいときに愛情をくれる
・こっちの一人の時間には一切干渉しない

こんな人間世界中探したって無理ですわw
この条件に比べたらリアルでツンデレやらヤンデレやら、お兄ちゃんっ子、委員長キャラ探すほうがはるかに難易度低いと思えるレベルで無理げーw

1行目に「超主観」と書きましたが、二次元主義の方でこれ読んで「あ…」と思った人もいるんじゃないかな?まあ「俺はそんなんじゃないっ!」って言えた方が幸せな人生を遅れると思いますけどね。

sponsored link

down

コメントする




管理人プロフィール

鋳狩月草

鋳狩月草

無毛(ハゲともいう)の女装家。きれいなモノ、かわいいものが大好き、コンプレックスの塊なのにナルシストという訳の分からない存在。 おっさんからおじいさんになりつつあるけど可能な限り美を追求したい!



sponsored link

Twitter

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。