鋳狩月草ハウス

楽しいことなんてやってみなきゃわからない

time 2014/12/15

実は10月30日にこんなものを購入していました

IMG_0237
はい、どっから見てもベースです。
皆さんも何かしら音楽に興味を持って
「楽器が弾けたら格好いいよなー」
って思ったことありません?
自分がアコギ、エレキギターにむか~し挑戦した口でしてもちろん結果は…投げっぱなしジャーマンですw
その当時はお金もあまり無く、どちらも安い怪しいものを購入してたんですよ。
で、
「安物だから演奏しにくかった、だから続かなかったんだ!」
なんて自分に都合のいい言い訳をして時は過ぎたわけですが、
その後また「なんか楽器できるようになりたいよなー」と思って今度は15万くらいのYAMAHAの電子ピアノ買ったんですよ。
「高いの買えば引っ込みがつかなくなって続くはずっ!」
ってねw
まあ電子ピアノの値段的に言えば15万って中の下か、下の中ってところでしょうけど、自分にとってはすげー高額商品。
当然引っ込みがつかずに…どころか
初日の1時間で投げましたw
問題はデカイ、重い、処分が大変で2年くらい部屋の中で鎮座してましたから、いやでも部屋にいれば目に入るわけで
「15万を無駄にしたのか…」
っていう精神的ダメージと狭い部屋の貴重な領域をかなり消費してくれるというなんともいえない状態。
最終的にはエレクトーン業者さんが無料で引き取ってくれたので処理費用を覚悟していた自分としてはラッキーだったかな?と。

「楽器は自分には向いてないんだ」
と、懲りたはずだったんですが、ベースに興味を持ってしまい(実際は以前に中古のベースを購入したんですが、3日持たずに接続不良で音が出なくなり終了)ピアノの教訓を生かし(高くても続くわけじゃない)安い中から少しでもいいものを!と調べた結果がこのベースなわけです。
ちなみにメーカーと型番で言うとバッカスのWJB-330ってやつです。お値段19460円なり。
本当はもうチョイ安い同じバッカスのBJB-1シリーズを狙っていたのですが、このオレンジがどうしても気に入ってしまい、数千円の差ですから気に入ったカラーのほうを取りました。性能的にはどっちも似たようなもののようだったので。
あとは備品や教則本なんかを買って、気がつけば今日まで続いてる。
正直自分は目立つことが好きなのでベースって続かないだろうなーとか思ってたんですがこれが意外にも楽しいんです。
練習開始から1ヶ月とちょっとですが、いまだに教則本のステップ1~3をうろうろしているんですけど、基礎練習で色気も何も無いはずなのに楽しい。正確に言うと楽しさは特に目立って感じてないけど
「一度練習開始すると時間がたつのがすげー早い」
って感じなんですよねー。
アンプはヘッドホンアンプを使ってるんですが、その機能のドラム音と一緒に弾いてるとたま~に
「おっ!今の気持ちいい!」
見たいな瞬間(ほんと一瞬ですがw)がたまらんです!
まあこの先も続くかどうかは別として、今が楽しいからオッケー!
飽きたらやめりゃーいいんです!

たぶん楽器を挫折して放り投げた方は少なからず自己嫌悪に陥ると思うんですよ。
もちろん自分もすげー自己嫌悪に陥りましたよ。
知恵袋とかでもその手の質問している方のページを見かけますが、大抵
「その程度で挫折とか何やっても続かないよ」
な~んて人格否定っぽいお言葉が返ってるじゃないですか。
でも、そんな中、いい言葉があったのでここでお借りしておこうかな?と。

「続かなかったものは向いてなかっただけ。無理して続けるよりも、興味を持ったものにどんどん挑戦して自分に合うものを見つければいいんじゃないかな?」

こんな感じの意味合いの回答だったと思いますが、コレ見たときに
「あー、こういう考え方もあるのかー」
とちょっと感動しちゃいました。
もちろん意見なんて人それぞれでどれが正しいなんて無いですから、そのあたりの議論はなしで。各人良いと思った考え方に基づいて行動すればいいと思います。
何事も表裏一体、一長一短ですからね。

というわけで、自分みたいに新しいことに興味を持ったけど、ブン投げちゃった過去にとらわれてチャレンジできない方はこんな考え方もあるんだよ~って感じでどんどんチャレンジしていって欲しいなと思います。
もちろん根性で決めたことを最後までやり通すのも美学です。正直それができる人は格好いいと思いますし。

言いたいことは「他人がこうだから自分もこうあるべきだ」って考えると人生窮屈になって息苦しいですよ、と。
他人は他人、自分は自分です。
別段楽器に限らずにいろんな興味を持ったことに気軽に挑戦してくれる人が1人でもこの記事で増えたらいいな~と思いつつ〆

 

sponsored link

down

コメントする




管理人プロフィール

鋳狩月草

鋳狩月草

無毛(ハゲともいう)の女装家。きれいなモノ、かわいいものが大好き、コンプレックスの塊なのにナルシストという訳の分からない存在。 おっさんからおじいさんになりつつあるけど可能な限り美を追求したい!

今週のよく読まれている記事

まだデータがありません。



sponsored link

Twitter

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。